現金化で換金して一括請求をされないために

クレジットカードショッピング枠を使った現金化が、お金にかまっている人に良く利用されています。この方法は、クレジットカード会社の規約を読めばはっきりと禁止されていることが分かります。そのため、現金化を行っていることが分かれば、会員規約がはく奪されてしまい、残っている債務は一括請求されてしまいます。これは、規約に違反したことにより、債務不履行解除されてしまうためです。では、どういったことでばれてしまうのかというと、一つは街中で営業している現金化業者を利用する場合です。そのような業者は、カード会社加盟店になっているお店などの端末を使用して、決済を行っています。クレジットカード会社も、そのような業者の存在は把握しているので、その利用履歴からマークされます。マークされたとしても、合理的に決済したことを説明できればよいですが、多くはすでにキャッシング枠が上限になっているなど危険な状態の人たちです。したがって、合理的な説明をすることができず、換金したことが判明してしまいます。
もう一つは、それらの業者を利用していなくても、換金性の高い製品を頻繁に購入してばれてしまうパターンです。これも、上記と同じような理由によりマークされて、ばれてしまう端緒となります。

そのような事情があるため、現金化をすることは、リスクもある方法でです。解約されてしまえば一括請求は免れませんので、もともとお金に困って現金化をした人にとっては虻蜂取らずの状態に陥ります。そこで、本当はこのような手段をとることはおすすめできませんが、やるとすれば換金行為がばれない方法を検討する必要があります。
そのために注意すべき点の第一は、現金化業者を利用しないことです。これは、上述した通り、業者を利用したことだけで足がついてしまうからです。第二は、不自然な利用を避けるということです。例えば、普通の人間が新幹線の回数券を何十万円分も購入することは、あまりにも不自然です。何に使用するのかと言われて仕事で使うと言ったとしても、そこからどのくらいの頻度で利用するかなど根掘り葉掘り聞かれ、結局疑念を払しょくすることはできません。それに、クレジットカード会社も、傾向としてどのような人が現金化に手を染めるのかはある程度分かっているため、ごまかすことは難しいのです。
その点で、よく換金に利用される製品の購入を避けることと、利用する額に気を付けることが、一括請求を避けるためには重要です。もちろん、だからと言ってまったくばれないというわけではないため、利用は自己責任で行う必要があります。

三つ葉STORE │ 携帯電話の換金・現金化はお任せ